やましろ健康医療生協

やましろ健康医療生協のご紹介
やましろ健康医療生協のご紹介
健康あれこれ
山本宣治(山宣)の話
 
加入申込書ダウンロード
すべての人に安心の医療・介護を署名

        わたしのひとこと
       また暑い夏がやってくる! 

「気候変動と環境危機」という本に「世界の年間死亡リスク要因2019」というグラフが掲載されていた。1位2位は結核、道路交通事故であった。「えっ?!」と思ったのが、5位に「熱中症」、そして7位に「オゾン大気汚染」とあったからだ。「熱射病死は、熱中症が引き起こすあらゆる死のうちごく一部で、~心血管や呼吸器の疾患、および早産のために入院するリスクが増えることにも関連してきた」とある。「過去最高の~」「想定外の~」という言葉はもう日常の世界になりつつある。熱波に見舞われることが今では「気候変動」ではなく「気候沸騰」にまでなってきたのだ。そしてその最大のリスクをまず受けるのが、
高齢者、妊婦、子ども、慢性疾患のある人、われわれだ。暑さから身を守る手段も限界にくれば、わずか1%の大資本家だけが最後まで生き延びるということかもしれない。99%の貧困層や途上国を踏み台にして。
実は、彼らがこの今ある「危機」の最大の貢献者であるにもかかわらずだ。
また、そこに多大なるキックバックで貢献をしている日本の政府は、2年連続の「化石賞」受賞である。「あ~書き進めていると暑苦しくなってきた!」
「このCO2め!」「このたかだか1%の輩め!」いま私たちにできること、それは資本家の横暴を許さないこと!そして、・・訪問診療の車を電気か水素に
切り換えること、施設を再生エネルギーに転換すること、・・かな?!

                     理事 森山正博

このサイトに関するご意見は、 yamashiro.coop@iryouseikyou.jp までお願いします。
©2005 yamashiro health & medical co-operative, all rights reserved.
案内リーフレットダウンロード 案内リーフレットダウンロード Acrobat Readerダウンロードサイト